中古車査定基準

中古車査定価格基準について

 

 

査定基準は、車の状態により判断されます。

 

 

 

中古車の買取り価格を決める時には、買取り業者により、
中古車査定基準に基づき査定が行われます。

 

 

中古車査定基準は、(財)日本自動車査定協会が定めており、
中古車の国産車、輸入車をグループ分けして査定基準価格を毎月更新しています。

 

 

業者ごとに多少金額に差が生じますが、
買取り査定を依頼する前に、
綺麗に内装、外装を清掃しておくだけで、
買取り額がグンとアップします。

 

 

 

 

買取り業者の方が、
査定する時に基準としてるものは以下の通りです。

 

 

 

 

査定基準の条件

 

 

・車検期間が残り3か月以内である。

 

・内装、外装に傷がない。

 

・走行距離が1万キロ程度の標準値である。

 

・エンジン、足回りの状態が走行に支障をきたしてない。

 

・タイヤにスリップサインが出ている。(タイヤの残り溝が1.6mmになると現れる)

 

・改造の有無。

 

・事故による修復の有無。

 

・腐食や異臭が生じてる。

 

 

 

 

 

 

中古車査定価格基準の対象となる加減点は

 

 

 

外装、内装、その他パーツによる加減点

 

 

 

各サービス業者により価格差は異なりますが、
対象の車の状態により基本価格に加減点されます。

 

 

 

 

外装の加減点対象

 

車の汚れ、ボディーカラー、ドア・ドアの鍵・ノブ、キズ・ヘコミ、
エアロパーツ、ライト、ボンネット、ガラス、アンテナ・・・など。

 

 

 

内装の加減点対象

 

車内の汚れ、喫煙によるニオイ・ヤニ、シート、フロワーマット、オーディオ、カーナビ、
スピーカー、ハンドル、エアバック、トランクスペース、スペアータイヤ、装備品・・・など。

 

 

 

その他パーツによる加減点

 

タイヤ、ホイール、オイル漏れ、エンジン、バッテリー、エンジンオイル、マフラーや車高などの改造パーツ有無、
パーツのキズ・ヘコミ・錆、修復の有無、車体番号、・・・など。

 

 

 

 

 

 

⇒中古車査定で愛車を売却する時に必要な書類について