中古車査定の必要書類

中古車査定で愛車を売却する時に必要な書類について

 

買取手続きの際には
書類を事前に用意しておけば手続きもスムーズに!

 

 

 

愛車を売却する時には必要な書類がいくつか必要になります。

 

査定するだけの時は必要ありませんが、
予備知識として覚えておけば、
買取手続きもスームズに進みますので是非覚えておきましょう。

 

 

 

自動車検査証(車検証)

 

自動車検査証は、常時運転する時に携帯することが義務づけられており、
もし、盗難や紛失をした際には、
運輸局に新しい自動車検査証を発行申請する必要があります。

 

 

自賠責保険証

 

自賠責保険証は車検時に加入する必要があり、別名強制保険とも言われていて、
もし期限が切れていると、車を売却することができませんので、
盗難、紛失をした際には保険会社に再発行をして貰いましょう。

 

 

自動車税納税証明書

 

自動車税は毎年5月末まで納める必要があり、
自動車税納税証明書は5月になると送られてくるので、
納税をしたことを確認づける為の書類です。

 

もし、紛失してしまった場合には、
各都道府県の市区役所で再発行をして貰いましょう。

 

 

譲渡証明書

 

譲渡証明書は車を譲渡したことを証明する為の書類です。

 

中古車買取専門店や下取りを依頼する際には、販売店の方が用意して貰えるので、
個人間で売却する場合を除いては、個人で用意する必要はありません。

 

 

 

委任状

 

車を売却する時は名義変更をする必要がありますが、
中古車買取専門店や下取りをする時には、
販売店の方が代理でやってくれます。

 

名義変更を代理で依頼する際に委任状が必要になりますが、
代理で依頼する時は、販売店の方が用意してくれます。

 

 

リサイクル券

 

自動車リサイクル法に基づき、リサイクル料金を支払いますが、
それを証明する書類がリサイクル券です。

 

紛失した際には、自動車リサイクルシステムのホームページにて、
印刷すると、リサイクル券の代替えとして使用できます。

 

 

印鑑証明書

 

印鑑証明書は、市区町村で登録した実印であることを証明する為の書類で、
車を売却する際には、証明書の有効期限が3カ月以内に発行されたものに限られています。

 

 

実印

 

車を売却する際には、委任状等の書類に捺印する箇所がありますので、
市区町村で登録した実印を用意する必要があります。

 

 

住民票

 

自動車税納税証明書に記載されている住所と、
印鑑証明書の住所が異なる時には住民票が必要になります。

 

住所を変更した際には、自動車税納税証明書に記載される住所も変更しておけば、
住民票を用意する必要はありません。

 

 

 

 

 

⇒中古車買取相場を簡単に調べる方法とは?

 

 

⇒査定する車が事故車の場合